細胞壁と細胞の研究方法

閲覧数:1,104
投稿者:       投稿日時:2013/11/12 00:11      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:6

LINEで送る
Pocket

細胞壁と細胞の研究方法について

 

 

 

 

細胞壁

・主成分はセルロース(デンプンの親戚)

・細胞を保護する

・老化細胞ほど発達する

 

 

 

 

 

細胞の研究方法

 

(1)電子顕微鏡

   ※分解能・・・0.2nm

 

 ・電子顕微鏡で見える細胞小器官

 

  ①リボソーム

    ・小さな粒子で、タンパク質の合成の場所

    ・RNAが核小体で出来る

 

  ②小胞体

   ・物質の通路

 

  ③リソソーム

   ・細胞内消化の酵素を含む袋

 

 

 

(2)細胞分画法

   ・細胞小器官を種類ごとに取り出す方法のこと

    →ホモジェネート(細胞破砕)+遠心分離が用いられる

 

 ※ホモジェネート(細胞破砕)+遠心分離について

  ①沈殿する順(重いもの、大きいものから沈む)

      核 → 葉緑体 → ミトコンドリア → その他

 

  ②処理上の注意

   ・スクロース(砂糖)水溶液中でホモジェネートする

       ※細胞小器官が壊れないように、等硫液というので処理する

   ・氷で冷却する

       →摩擦熱で細胞小器官が壊れないようにする

 

閲覧数:1,104
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/11/12 00:11

コメント数: 0
お気に入り登録数:6



コメントを残す