企業と起業について考える -成功の条件とは-

閲覧数:923
投稿者:       投稿日時:2013/11/17 13:11      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:3

LINEで送る
Pocket

企業と起業について、考えてみます

 

 

・昔と今との労働のスタイルはどのように変わったのか

 

 ・昔・・学校を卒業すると、企業に就職して、定年になるまでその企業で仕事を続ける、

     というパターンが多かった

 

 ・今・・転職して他の企業に再就職する人、起業をする人が増えている

     ※最近では、特にSOHOが増えている

      ・SOHO・・パソコンを使って、自分の家を仕事場にして行う事業のこと

      

      →そこで、起業のための講座が開かれることが多くなってきた

       ※最近では、起業自体が仕事として成り立ってしまっている人もいる

 

 

 

 

・起業が成功するための条件とはなにか

 

 

 ・作ろうとする商品が独特なものであること

 

 

 ・独特な商品だったとしても、すでに存在している企業が簡単に参加できるか、

  参加しようとする気持ちを起こさせるような商品だと、

  起業が長続きしない可能性があるので、注意しなければいけない

 

 

 ・起業したら、新しい動きをどんどん展開していかなければいけない

 

 

 ・ある程度の資金が必要になる

  ※金融機関から借りること、株式会社のスタイルでお金を集めることが一般的だが、

   簡単にはできない

   →そこで、現在では、政府が資本金1円でも株式会社を作ることを認めるようになった

    =この起業を1円起業と言う

 

  →このように、政府が積極的に起業の環境を整備する必要がある

 

 

 ・事業を何代も続けるために、組織を強力なものにする必要がある

  ※もし、ベンチャー精神を失いたくないとすれば、組織が安定して固まってしまうのを

   防ぐ必要がある

   ・ベンチャー・・冒険という意味だが、収益が確定していない企業、

           新しく企業を作ることなどもベンチャーと言われることがある

 

 ・危険をかえりみないで、冒険する精神を持つ必要がある

  =この気持ちが、起業においては最も重要だと言われている

 

 

 ※一般的には、上のようなことが言われるが、それ以外にも条件は多くあるので、

  考える必要がある

 

閲覧数:923
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/11/17 13:11

コメント数: 0
お気に入り登録数:3



コメントを残す