都条例の問題の議論の必要性

閲覧数:1,127
投稿者:       投稿日時:2013/11/19 18:28      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:5

LINEで送る
Pocket

何かと話題になった都条例について

先日、講演を聞く機会がありました。

 

都条例についての問題はこんな感じらしいです。

・規制対象があいまい

・規制範囲が拡大している

・表現の自由を侵害している

・なんか他にもいっぱい

 

いっぱい論点はありそうですが、

講演に来た方はこの規制の方向性を問題にしてました。

 

日本では法的な面でも教育的な面でも、

子供には情報を適切に選び取る力がない、っつうことで

性的なものにはなるべく触れさせない、

「寝た子は起こさない」という方針です。

 

でも男の人ならわかると思いますが、

18歳になるまで「性的なものに興味がない」

っていう人はおそらく、ほぼいないと思います。

 

加えて現在では、インターネット環境から

簡単に触れることができてしまうんですよね。

 

 

つまり、寝てる子は簡単に起きるんです

 

 

「寝た子は起こさなければ起きない=性に触れたくても触れられない」

という前提が崩れてる時点で、

目覚めたときにどうすべきかってことを

考えたほうがいいんじゃないでしょうか。

 

ということでやっぱり、

適切に情報を選びとる力が必要だと思います。

 



コメントを残す