ブロック経済について

閲覧数:1,969
投稿者:       投稿日時:2013/10/17 18:42      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:7

LINEで送る
Pocket

ブロック経済について考えてみます

 

 

 

・ブロック経済について

 

 

 

 ・イギリスでは、第2次マクドナルド内閣が失業保険の削減を含む緊縮財政を提案した

  ※しかし、与党の労働党が反対して、マクドナルドを除名した

   →すると、マクドナルドは辞職して、改めて挙国一致内閣を組織した

    =結果的に、財政の削減と金本位制の停止を実施した

 

 ・1932年のオタワ連邦会議では、スターリング=ブロック(ポンド=ブロック)

  が結成された

  ※ポンド=ブロック・・イギリス連邦内の関税を下げ、連邦外の国に対する関税を

             上げる政策のこと

 

 ・1935年に保守党政府が成立した

  →そこで、ナチス=ドイツの反ソ連という態度に期待して、宥和政策をとった

   ※宥和政策・・ドイツの要求に譲歩して対決を避けようとした政策

 

 

 

 

 ・フランスでは、世界恐慌の影響が1932年になって出てきた

  →そこで政府は、植民地や友好国とフラン通貨圏を作って、経済を安定させようとした

 

 ・フランス国内の政治は不安定だった

  ※しかし、ドイツのヒトラー政権が誕生するということが起きた

   →すると、国内の極右勢力の活動などで、危機感を持った中道や左翼の勢力が

    まとまり始めた

 

 ・1935年に仏ソ相互援助条約が結ばれた

 

 ・1936年に、社会党と急進社会党に共産党が協力する形で、人民戦線内閣が成立した

  ※人民戦線内閣について

   ・人民戦線内閣・・社会党のブルムという人を首相として、反ファシズムを

            かかげる内閣のこと

   ・人民戦線・・ファシズムに対抗するために、共産党を含む左翼の勢力が連合すること

   ・人民戦線内閣は、1935年のコミンテルン大会で正式に認められた

   ・人民戦線内閣は、1935年にフランスやスペインで、1936年にチリで成立した

    ※しかし、人民戦線内閣は長続きしなかった

 

 

 

 =以上の国々の動きのように、ドル、ポンド、フランなどの通貨を軸に経済圏を作って、

  他国の商品を排除する経済政策のことを、ブロック経済という

 

  ※ブロック経済は、国際経済を一層衰退させ、力があまりない中小の国々の経済を

   圧迫したと言われている

 

 

ポイント

・アメリカ、イギリス、フランスのブロック経済についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

閲覧数:1,969
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/17 18:42

コメント数: 0
お気に入り登録数:7



コメントを残す