発生の始まり

閲覧数:867
投稿者:       投稿日時:2013/11/12 01:03      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:7

LINEで送る
Pocket

発生の始まりについて

 

※発生とは・・・細胞の数的増加と質的変化(分化)

 

 

 

(1)卵割・・・発生初期の特殊な体細胞分裂

 

 ①特徴

  ・成長期がなく、分裂速度が速いが、分裂のたびに細胞の大きさは小さくなる(割球)

  ・それぞれの割球が同時に分裂する(同調分裂)

 

 ②卵割の方向

  ・第一卵割と第二卵割は縦に、第三卵割は横に分裂する

   ※第一卵割のところに精子侵入点がある

   ※第一卵割と第二卵割をまとめて経割という

 

 

 

(2)卵の種類と卵割様式・・・卵黄は物質であり、卵割を妨げる

 

 等黄卵・・・卵黄は少量かつ均一で、第三卵割まで等割 (例:棘皮動物やほ乳類)

 

 弱端黄卵・・・卵黄は多量かつ植物極側に存在し、第三卵割から大きさが違う不等割 

        (例:両生類、頭足類)

 

 強端黄卵・・・卵黄はきわめて多量で、卵割は動物極側だけで起こる盤割が起こる 

        (例:魚類、鳥類、は虫類)

 

 心黄卵・・・卵黄は多量かつ中心部に存在し、表割が行なわれる (例:節足動物)

 

閲覧数:867
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/11/12 01:03

コメント数: 0
お気に入り登録数:7



コメントを残す