ITが進んだことによって人々の生活はどのように変わるのか

閲覧数:1,065
投稿者:       投稿日時:2013/11/17 12:54      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:6

LINEで送る
Pocket

IT社会について、様々な面から考えてみたいと思います

 

 

・IT革命の流れについて

 

 ・インターネットの利用者が1990年代の半ばから、ものすごいスピードで増えていった

  →それと合わせて、ブロードバンド化、光ケーブルの契約数も増えて行った

 

   ※・ブロードバンド・・速くて大量のデータの送受信をすることが出来る回線のこと

    ・光ケーブル・・光ファイバーの通信ケーブルのこと

    ・光ファイバー・・電気信号を光にして情報の送受信をする線のこと

 

  →ブロードバンド化や光ケーブルの普及などで、速く大量の情報を

   送受信することができるようになった

 

 

  →上のような動きが後押しをして、IT革命が起きたと言われている

 

 

 ・IT革命とは・・インターネットの急速な普及、パソコンの低価格化、小型化などのような

          情報技術(IT)が進化することで、情報を伝える手段が大きく変わり、

          地球レベルで人々の生活を変えようとして起きた革命のこと

          →この革命は、「第2の産業革命」とも言われる

 

 

 

・IT革命は人々の生活にどのような変化を起こしたのか

 

 ・IT革命によって、将来的にユビキタス社会になると言われている

            

  ※ユビキタス社会・・身の回りの様々な場所にコンピューターが存在する社会のこと

 

  →ユビキタス社会に向かうと、新聞、雑誌、テレビなどの既存のメディアが

   行っていた報道や情報の規制が通用しなくなり、インターネットなどから

   情報が流れるような時代が来ると言われている

 

 

 

・IT革命のメリットとデメリット

 

 ・メリット

  →情報社会になることによって、人々の生活や経済など、様々な部分で便利になる

 

 ・デメリット

  →・サイバースペース(電脳空間)に統制する環境が無く、危険な可能性がある

    ※サイバースペース・・コンピューターのネットワーク上の仮想の空間のこと

 

   

   ・インターネットやコンピューターを利用した犯罪が出てくる

    例:サイバー・テロ、コンピューターウィルス、迷惑メール、誹謗中傷、詐欺など

    

    ※・サイバー・テロ・・国や企業のコンピューターに入り込んで、

               データを破壊したり、変えたりすること

     ・コンピューターウィルス・・パソコンのシステムの動きを邪魔するために

                   作られたプログラムのこと

     

 

   ・個人情報が流失して事件につながる可能性がある

 

   ・「ネット集団自殺」が問題となっている

    ※「ネット集団自殺」・・インターネットで知り合っただけで、

                 全く顔を合わせたことのない人達が集団で自殺すること

 

   ・ネット上で匿名が情報を流す

    →・これによって、プライバシーや肖像権の侵害、名誉毀損などになる可能性がある

    →・これによって、サイバースペースが悲惨な状態になる可能性がある

 

 

  →上のようなことを踏まえた上で、情報社会を、適切に扱っていくことが

   これからは必要だと言われている

閲覧数:1,065
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/11/17 12:54

コメント数: 0
お気に入り登録数:6



コメントを残す