道徳観やモラルは全員が同じわけじゃない

タグ:モラル / 道徳観 / 違い /
閲覧数:932
投稿者:       投稿日時:2013/11/18 19:34      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:6

LINEで送る
Pocket

バスではお年寄りに席を譲りなさい、とか

物は大切に扱いなさい、とか

借金をしてはいけません、とか

 

人は生きていく上で、様々な道徳観が存在します。

 

確かに、道徳観というものは重要で、意識が必要だと思います。

 

 

しかし、かといって道徳観にとらわれるのはどうかと思ってしまいます。

道徳観を破ることで、プラスの方向に転がることもある気が。

 

例えば、

お年寄りよりも、足を引きずっている若者のほうが、

席を譲ったほうが良いかもしれませんし、

 

ちょっと借金をしたことで、多額の富を獲得することができるのであれば

借金をすることは決して悪いことではないような気がします。

 

 

 

様々な人の中には、昔から存在する道徳観を定石だと思って、行動する人がいます。

 

それは、決して間違っていることではないと思います。

 

だけど、道徳観という視点に縛られてしまうと、一方的な見方で

終わってしまう可能性も否定できません。

場合によっては、マイナスの方向に転がるかもしれません。

 

 

だからこそ、道徳観から、一度離れてみてはどうかと。

 

 

道徳観という視点から抜け出して、物事を考えてみると、

個人的には、今までにない、新たな一面が見えてくるような気がします。

 



コメントを残す