産業革命の時期の社会について

閲覧数:1,064
投稿者:       投稿日時:2013/10/28 09:43      
評価数:1
評価 : 平均:1点 | 総合:1点
コメント数: 0       お気に入り登録数:3

LINEで送る
Pocket

産業革命について考えてみます

 

 

・産業革命について

 

 

 ・1880年代の前半に、松方正義という人が財政を担当した(松方財政)が、

  一時的に深刻な不況とデフレになった

  →しかし、その後は貿易が輸出超過になり、銀本位制が誕生したことで

   物価が安定してきた

   =さらに、金利が下がったことが後押しして株式の取引が活発になってきたので、

    産業が活発になった

 

 

 ・上のような状況があり、1886年から1889年にかけて、

  鉄道や紡績などを中心に会社設立のブームが起きた

  =この現象を企業勃興といい、日本で最初の企業勃興だった

   →企業勃興によって、機械や技術を活用するようになるという

    産業革命が日本で始まった

 

 

 ・会社設立ブームの流れの中で、1890年に、株式にお金が集まり、

  金融機関からお金が出ていくということが起きた

  →この現象に加えて、生糸の輸出の減少と1889年にお米の凶作が起きたため、

   会社設立ブームが終了した

   =この時の恐慌のことを1890年恐慌という

 

   ※1890年恐慌をきっかけに、日本銀行は普通銀行を通して

    産業にお金を供給する態勢を作った

 

 

 

 

 ・日清戦争の勝利によって大量の賠償金を得た日本は、

  賠償金を使って戦後経営を取り組むようになった

  

  →具体的にどのようなことを行ったのか

   ・軍備の拡張を行った

   ・金融や貿易などの制度を整備した

   ・1897年に貨幣法という法律を作っった

   ・特殊銀行(特定の分野にお金を供給する銀行)を作った

    ※特殊銀行として、日本勧業銀行、台湾銀行、それぞれの府県の農工銀行

     などが作られた

 

  ※貨幣法について

   ・貨幣法とは・・一つの国の貨幣制度について決めた法律のこと

   ・日本は貨幣法で、賠償金の一部を準備金にして欧米の国々のような

    金本位制を採用することで、貨幣の価値を安定させることと、

    貿易を活発にさせることを進めていこうとした

    

    ※当時は金に対する銀の価値が下がっていた

     →そのため、銀本位制を使っていると、欧米の国々への輸出を増やして、

      輸入を減らすという効果があった

     →しかし、金と銀の価値が変わることで貿易が不安定になり、

      金本位制の国から輸入をするという面では不利になってしまう

      =そこで、欧米に合わせて金本位制を採用する必要があった

 

 

 

 

 ・日清戦争が終わってからは、鉄道や紡績などの分野で、また企業勃興が起きた

  →その結果、繊維産業を中心に、資本主義が誕生した

   ※資本主義の誕生によって、1900年に、過剰に生産したことによる

    資本主義的な恐慌が起きた

 

 

 

 ・産業革命が進むにつれて、貿易も活発に行われるようになった

  ※ただし、原材料や機械などの重工業製品の輸入が増えたため、

   大幅な輸入超過になった

 

 

 ・貿易の商品の扱いについては、三井物産などのような商社が活躍した

  ※この時に、特殊銀行の横浜正金銀行が積極的に貿易のための金融を行った

 

 

 ・日本は、海運業を推進する政策を取っていた

  ※1896年に、政府は造船奨励法と航海奨励法を作って、

   鉄鋼船を作る場合と外国の航路に初めて到着した場合は

   政府から奨励金を出すことになった

  →そのため、日本郵船会社などの会社がどんどん遠洋航路を開いていった

 

   ※日本郵船会社について

    ・1885年に三菱会社と半官半民の共同運輸会社とを

     組み合わせて作られたのが、日本郵船会社だった

    ・1893年にインドへ行くためのボンベイ航路を開いた

    ・1896年にヨーロッパ、アジア、オーストラリアへ行くための

     それぞれの航路を開いた

 

 

 

ポイント

・産業革命とその当時の様子を押さえる

 

このあたりが今回のポイントです

閲覧数:1,064
LINEで送る
Pocket


(1名の投票, 平均点: 1.00, 総合点:1 | 未評価)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/28 09:43

コメント数: 0
お気に入り登録数:3



コメントを残す