先進国の人口問題について -デンマークの例-

閲覧数:1,447
投稿者:       投稿日時:2013/11/01 02:15      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:11

LINEで送る
Pocket

先進国の人口の問題について、デンマークを例にして考えてみます

 

 

※デンマークの概要

 ・首都コペンハーゲンがあるシェラン島を始めとして、400以上の島々で出来ている

 ・日本の九州ほどの面積で、536万人の人々が暮らしている

 ・デンマークでは、酪農や集約的な農業が発達していて、

  医療器具などの小型の精密機械工業が盛ん

 

 

 

 

 

・少子高齢化に対する動きについて

 

 ※日本は、合計特殊出生率が低下し続けている

 

 ・デンマークは、合計特殊出生率が1970年代半ばから著しく低下した後、

  1980年代半ばから再び上昇した

  ※なぜ、合計特殊出生率の上昇が起きたのか

   =少子高齢化に対応する形で、出産や育児を支援する社会環境の整備が

    進められてきたからだと言われている

 

 

 

 ・デンマークの少子高齢化の対策として、以下のようなものがある

  →・男女ともに産後休暇と育児休暇が保障されていて、保育施設が充実している

   ・医療や教育が基本的に税金でまかなわれていて、無償となっている

   ・労働時間が短く、残業がほとんどない

    ※そのため、午後4時の終業後は、父親が保育園に子供を迎えに行く

     ということもある

 

  =デンマークは、19世紀後半から社会保障や社会福祉の制度が整備されて、

   世界有数の福祉国家として有名になった

 

 

 

 ・基本的に、高齢者福祉については、三つの考え方が前提になっている

  ①高齢者は自分の生き方を自分で決める権利を持っていて

  ②住み慣れた環境で今までどおりの生活を出来る限り長く続けることが重要で

  ③そのために、様々なサービスや活動の機会を提供する

 

 ・現在は、介護施設、在宅介護、高齢者住宅などの動きが活発に見られている

 

 ・また、地方分権体制が進んで、福祉は地方に財源と決定権が確保されている

  →そのため、地域に密着した地域サービスが用意されている

 

 

 

 

 

 

・福祉国家の背景について

 

 

 ・デンマークの福祉国家の仕組みは、「高負担・高福祉」という考え方が前提になっている

  →そのため、国民の税金の負担は、他の国に比べると圧倒的に高い

   ※しかし、基本的に国民は、福祉や老後のための資金を国に預けているという意識が強い

    =この認識を前提とした税金の負担が、社会を支える基盤になっていると言われている

 

 

 ・最近は、社会保障全てを税金でまかなうことが難しくなってきている

  ※年金の支払いが増える一方で、税負担の中心である若者が減少するという現状もある

   →デンマークは、今までの福祉政策を見直す動きが考えられるようになってきた

 

 

 =少子高齢化の時代を迎えたことによる財源の問題は、

  福祉国家全体で共通の課題になっている

 

 

 

ポイント

・少子高齢化に対する動きについておさえる

・福祉国家の背景についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 

閲覧数:1,447
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/11/01 02:15

コメント数: 0
お気に入り登録数:11



コメントを残す