遺伝の歴史

閲覧数:842
投稿者:       投稿日時:2013/11/12 02:08      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:5

LINEで送る
Pocket

遺伝の歴史について

 

※遺伝とは・・・親の持つ体の特徴が子に伝わること

 

 

・メンデルの法則

 

 ・グレゴール=ヨハン=メンデルという人が、1865年に「植物雑種に関する研究」を行う

  →この時に、エンドウを使って、統計学で処理して法則を発見した

 

 ・1900年にメンデルの法則の再発見がされる

  ※この時に、ド=フリース、チェルマク、コレンスなどが活躍した

 

 

 

※遺伝研究には、どのようなものが適するのか

 ・世代交代が早い(どんどん子が大人になって子を作る)

 ・飼育しやすく、多くの個体を得られる

 

 

 

※メンデルの仮説

 ・生物は1つの体の特徴(形質)について2個の遺伝子を持つ

 ・親は自分の持つ2個の遺伝子のどちらか1個だけを子に伝える

   (子は両親から1個ずつ遺伝子をもらって、2個持つようになる)

 ・形質としてあらわれやすい優性遺伝子と、あらわれにくい劣性遺伝子とがある

 

閲覧数:842
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/11/12 02:08

コメント数: 0
お気に入り登録数:5



コメントを残す