あなたは教育の目標を達成することができていましたか? -各学校の目的と目標を見直す-

閲覧数:840
投稿者:       投稿日時:2013/12/29 04:41      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:3

LINEで送る
Pocket

現在の社会では、早い人は保育園や幼稚園から始まり、中学校で卒業する人もいれば、大学院まで行って勉強しようとする人もいます。

そして、多くの人が高校までは出ています。(高校の進学率は97%を超えています。)

 

 

何を目的に学ぶかは人それぞれかもしれませんが、それだけ多くの人が若い時期に勉強しています。

ただ、それだけ多くの人が勉強するので、小学校、中学校、高校にはそれぞれ目的と目標があります。

 

でも、その目標通りに人は教育を受けてきたのでしょうか?

下に項目を簡単にまとめてみました。

自分がどれだけあてはまっているのか、受けてきた教育を振り返ってみてください。

 

 

小学校の目的は、義務教育に応じて行われる普通教育のうち、基礎的な部分を施すことになっています。

また、目標は、以下の10項目があります。

①主体的に社会の形成に参画し、その発展に関わる

②生命や自然を尊重する精神や環境の保全の態度を養う

③我が国を愛し、国際社会の平和と発展の態度を身につける

④家族と家庭の役割、衣食住や産業などの基礎的な知識を養う

⑤読書に親しくなり、生活に必要な国語を理解して使用する

⑥生活に必要な数量的な関係を理解し、処理する能力を養う

⑦生活に関わる自然現象について観察や実験を通して科学的に理解し、処理する

⑧健康や安全のために必要な習慣を養い、心身の調和的発達を図る

⑨音楽、芸術、文芸などについての基礎的な理解と技能を養う

⑩職業についての基礎的な知識と技能、勤労を重視する態度、将来の進路を選択する能力を養う

 

 

中学校の目的は、小学校における教育の基礎の上に、義務教育に応じて行われる普通教育を施すことになっています。

目標は、小学校と同じ10項目です。

 

 

高等学校(高校)の目的は、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達や進路に合わせて、高度な普通教育及び専門教育を施すことになっています。

目標は、以下の3項目があります。

①義務教育の内容を更に発展拡充させて、豊かな人間性、創造性、健やかな身体を養い、国家や社会の形成者として必要な資質を身につける

②社会で果たす必要のある使命の自覚に基づいて、個性に応じて将来の進路を決定させ、一般的な教養の向上と、専門的な知識や技術を習得させる

③個性の確立のために努力し、社会について広く深い理解と健全な批判力を養い、社会の発展に関わる態度を身につける

 

 

となっています。

 

小学校、中学校、高校の目的と目標をそれぞれ簡単に見てみました。

本当に、この目標は達成されているのでしょうか?

どの程度この目標を達成しているのでしょうか?

 

自分を振り返って、教育に意味があったのかぜひ教えていただきたいです。

 

 

参考資料・補足など

※今回の内容は、法律の一部を抜粋して、著者なりに解釈したものも含まれています。
正式な法律の条文については以下をご覧いただけますと幸いです。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO026.html

閲覧数:840
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/12/29 04:41

コメント数: 0
お気に入り登録数:3



コメントを残す