資本主義生産体制とは

閲覧数:1,770
投稿者:       投稿日時:2013/09/02 14:00      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:3

LINEで送る
Pocket

生産のための組織が資本によって作られている生産体制のこと。最も基本的な組織としては下図のようなもの。まず資本家がいて、資本家が株式を発行したり、銀行から融資を受けることで元本を集める。その集めた元本を使って原材料や機械を購入したり、労働者を雇うことで生産をする。そうして生産されたものを市場で商品として売ることで資本(元本)を回収する。回収した資本には利潤もあるので、その利潤で労働者の賃金を払ったり、追加投資をする。こうした一連の経済活動を資本主義生産体制といい、この集合体が資本主義市場経済である。

 

 

                    銀行       ←          (元本)           →       労働者―労働市場

                                        >       資本    <                                                    

             株式発行      ←           (資本家)        →      生産手段―中間財市場           

                                                     

                     ↓

 

                  …商品を売る

                     ↓

                 資本回収(元本+利潤)

                     ↓

                  資金、追加投資へ

                 

閲覧数:1,770
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/09/02 14:00

コメント数: 0
お気に入り登録数:3



コメントを残す