ソ連の「雪どけ」とその後の各国の動きについて

閲覧数:3,638
投稿者:       投稿日時:2013/10/18 02:06      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:9

LINEで送る
Pocket

ソ連の「雪どけ」とその後の各国の動きについて考えてみます

 

 

・ソ連の「雪どけ」について

 

 

 ・1953年に、スターリンが死ぬということが起きた

  →すると、ソ連は外交政策を見直して、1955年にユーゴスラヴィアと和解し、

   西ドイツとの国交が回復した

 

 ・1956年2月のソ連共産党第20回大会で、フルシチョフ第一書記が、

  スターリン体制の下での指導者の崇拝と、不法な処刑や抑圧を批判した

  ※この批判を、スターリン批判という

   =この結果フルシチョフは、自由化の方向へ向かった

 

 ・その後ソ連は、以下のようなことを行った

  →・資本主義国との平和共存を表明した

   ・東西間の緊張緩和政策を表明した

   ・コミンフォルムを解散した

  

  =これら一連のソ連の転換を「雪どけ」という

   ※「雪どけ」は、東欧の社会主義の国々に驚きを与えたと言われている

 

 

 

 

 

 

・「雪どけ」後の各国の動きについて

 

 

 ・ポーランドでは、1956年6月に、ポズナニというところで

  生活の改善と民主化を目指す民衆と、軍や警察とが衝突した

  =そこで共産党は、指導者をゴムウカに交替させて、自由化路線をとった

 

 ・1956年10月にハンガリーで、社会主義体制とソ連からの離脱を求める大衆行動が

  全国的に広がった

  →ソ連は、この動きを軍事介入によって武力で鎮圧した

   ※この時に首相のナジ=イムレという人が処刑された

 

 ・東ドイツで、1950年代の終わりに農業の集団化が進められた

  →すると、東ベルリンから西側に脱出する人々が増えた

   =そのため、1961年に東西ベルリンの境界に壁を作って、脱出を阻止した

 

 

 

 ・1958年に第一書記と首相を兼任したフルシチョフが経済改革を実行した

  →そこでフルシチョフは、大陸間弾道ミサイルの開発と1957年の世界最初の

   人工衛星の成功を背景に、アメリカ合衆国との直接対話を進めた

 

  →1959年にフルシチョフは、アメリカに訪問して、

   アイゼンハウアー大統領と会談した

 

 ・1962年に、ソ連がキューバにミサイルを配備した

  →すると、アメリカ合衆国がソ連のミサイルの配備の撤去を要求して、

   海上封鎖を行った

   =その結果、世界がアメリカとソ連の軍事的な衝突の危機に対して

    緊張する状態になった

    ※この時のアメリカとソ連の危機を、キューバ危機という

 

  →ソ連は、キューバの革命政権を維持することを条件にミサイルを撤去した

 

  →さらに、1963年に、アメリカとソ連との間で偶然戦争が起きることを防ぐために、

   アメリカとソ連との間でホットライン(直通回線)が設置された

 

 

ポイント

・ソ連の「雪どけ」までの流れについておさえる

・「雪どけ」の後の各国の動きについておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

閲覧数:3,638
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/18 02:06

コメント数: 0
お気に入り登録数:9



コメントを残す