倒幕の動きと民衆の幕府への影響について

閲覧数:1,086
投稿者:       投稿日時:2013/10/25 06:18      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:5

LINEで送る
Pocket

倒幕の動きと民衆の幕府への影響について考えてみます

 

 

・倒幕の動きについて

 

 

 ・高杉晋作や桂小五郎(木戸孝允)などの長州藩尊攘派が下関で四国艦隊に負ける

  という出来事が起きた

  ※この時に、高杉晋作や桂小五郎は攘夷が不可能だということが分かった

 

  →そこで、高杉晋作などは以前に組織しておいた奇兵隊という軍隊を連れて、

   1864年に長府という場所で戦いを行い、長州藩の主導権を尊攘派から奪った

   ※奇兵隊は、藩の公式の軍隊ではなく、高杉晋作が中心になって

    兵士になりたいという志願者を集めて作られた

 

  →さらに、長州藩の中にいる豪農や村役人などと手を組んで、

   藩の考え方を恭順(命令に従うこと)から倒幕に変えた

   ※そして、長州藩はイギリスに近づいて、大村益次郎などの指導によって

    軍事力を高めていった

 

 

 

 ・幕府は長州藩に対して、第一次長州征討の締めくくりという口実で

  領地の削除などを命令した

  →しかし、長州藩は藩の考え方を恭順から倒幕に変えていたため、

   簡単に幕府の命令に従わなかった

   =そこで幕府は第二次長州征討を行った

    ※しかし、結果的に第二次長州征討での戦いの状況は幕府が不利になった

 

  ※なぜ、第二次長州征討で幕府が不利になったのか

   ・第二次長州征討を宣言した時に、先に倒幕の考え方に変わっていた薩摩藩が、

    裏で長州藩を支持することを考えていた

    →そこで、1866年に土佐藩の坂本竜馬や中岡慎太郎の仲介によって、

     薩摩藩と長州藩が秘密の軍事同盟を結んだ

     =この同盟のことを、薩長同盟(または薩長連合)という

 

     =よって、薩長同盟によって薩摩藩と長州藩が倒幕の態度を固めたために、

      第二次長州征討で幕府が不利になった

 

  ※第二次長州征討はどうなったのか

   ・第二次長州征討は、幕府の軍に不利になった

    →結局幕府は、大坂城に向かう途中だった14代将軍徳川家茂が急死したことを理由に

     征討を中止した

   

  ※さらに、この年の年末に孝明天皇が急死した

   →孝明天皇は攘夷派だったが、倒幕を嫌って公武合体の立場だったため

    幕府にとって孝明天皇が亡くなることは大きなダメージだった

 

 

 

 

 

・民衆の幕府への影響について

 

 

 ・開国によって起きた物価の上昇や政治の状況による争いは、社会の不安を増やし

  世の中の雰囲気を悪くした

 

 

 ・国学の尊王攘夷の考え方が農村にも広がった

  →そのため、農民が起こす一揆の中でも、世直し(新しい世の中を迎えたいと願う考え方)

   のための一揆というものが増えてきた

   =世直しのための一揆を世直し一揆という

 

  ※長州征討の時に大坂や江戸で起きた打ちおこしは、政治権力への不信が

   はっきりと現れていたと言われている

 

 

 ・大和に天理教、備中に金光教、備前に黒住教などの民衆宗教が出てきた

  =これらの宗教をまとめて教派神道という  

 

   ※天理教は中山みき、金光教は川手文治郎、黒住教は黒住宗忠が作った

 

 ・伊勢神宮への御蔭参りが流行していた

 

  →教派神道や御蔭参りは、時代が変わりそうで変わらない苦しい社会の状況から

   抜け出したいという民衆の願いに応えていたために流行したと言われている

 

 

 ・1867年に東海や畿内の民衆の間では、「ええじゃないか」という

  熱狂的な集団の踊りが起きた

  ※ええじゃないか・・東海や畿内を中心に起きた民衆の騒動のこと

 

 

 →以上のように、「世直し」を期待した民衆が多かった

  =世直しを求めた民衆の運動は、幕府を一時的に混乱させることになったと言われている

   

 

 

ポイント

・倒幕の動きと流れを押さえる

・民衆の動きと幕府への影響を押さえる

 

このあたりが今回のポイントです

 

閲覧数:1,086
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/25 06:18

コメント数: 0
お気に入り登録数:5



コメントを残す