世界の余暇活動について

閲覧数:1,433
投稿者:       投稿日時:2013/10/31 20:25      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:7

LINEで送る
Pocket

世界の余暇活動について考えてみます

 

 

・世界の余暇活動について

 

 ※余暇活動は、先進国と発展途上国で大きく違うと言われている

 

 

 

 

 ・先進国の余暇活動について

 

  →・先進国は、労働時間の減少が進んでいる

    →そのため、余暇に費やす時間が増え、様々な余暇の過ごし方が見られるようになった

 

   ・余暇活動を支える観光業や運輸業などの多様なサービス業も発達してきている

    ※これに組み合わさる形で、交通の発達や整備も余暇活動を活発にさせている

 

   ・欧米諸国は、伝統的に余暇を重視する傾向がある

    →そのため、長期滞在のためのリゾート地が地中海沿岸やアルプス山脈を

     中心に開発された

     ※さらに、スポーツ、音楽や芸術の鑑賞のための施設が充実している

      =そのため欧米諸国は、多様化する余暇を過ごす機会と場所にめぐまれている

       と言われている

 

 

 

 

・発展途上国の余暇活動について

 

 →・先進国レベルの余暇活動は、発展途上国では、上流階級などのごく一部の人々だけ

   しか行っていない

 

  ・発展途上国の庶民レベルで広く親しまれている余暇活動には、

   その国の伝統、文化、国民性などを反映したものが多いと言われている

 

  ・ラテンアメリカ、アフリカ、西アジアなどで人気の高い余暇活動として、

   サッカーがある

   ※メキシコやブラジルなどでは、プロサッカーの試合に多くの人々が熱狂する

  

  ・インドや中国では、映画鑑賞が余暇活動の中心となっている

 

  ・テレビ鑑賞やビデオ鑑賞は、現在は発展途上国を含めて世界中に浸透した

   余暇の過ごし方になっている

 

  ・音楽や踊りに関する余暇活動も、伝統的なものから最新のものまで。幅広い人気がある

   ※伝統的な音楽や踊りは、宗教的な意味を持っている場合が多いと言われている

 

 

 

ポイント

・先進国の余暇活動についておさえる

・発展途上国の余暇活動についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 



コメントを残す