生活と宗教との関係について

閲覧数:1,760
投稿者:       投稿日時:2013/10/31 20:15      
評価数:1
評価 : 平均:2点 | 総合:2点
コメント数: 0       お気に入り登録数:4

LINEで送る
Pocket

生活と宗教との関係について考えてみます

 

 

・生活と宗教について

 

 

 ※宗教の特徴

  ・宗教の役割は、個々の人間の生き方や同じ信仰を持つ人々の社会に

   規範を示すことにあると言われている

   →そのため、宗教は日常生活にも影響を与えると言われている

  ・宗教は、人生の支柱のような役割を果たすこともある

   →人生の支柱の役割としては、誕生、成人式、結婚、葬儀のような節目に

    大切な儀礼を行うことなどが挙げられる

  ・一年のなかで、特定の宗教祭日を祝うなどして信徒どうしの連帯感を高める

 

 

 

 

 ・世界の地域と宗教との関係について

 

 

  ・世界には、インドのヒンドゥー教徒やアフリカからアジアにかけて

   広い地域に暮らすムスリム(イスラーム教徒)や

   タイの仏教徒のように、多くの人々が宗教と深い関わりを持ちながら

   生活している地域がある

 

  ・ヒンドゥー教は、特定の教祖や教典を持たない

   →そのためヒンドゥー教は、狭い意味での宗教というよりも、

    人間の行動の規範となる伝統的な制度や慣習のまとまりとなっている

    ※カースト制も、ヒンドゥー教の教えの重要な部分だとされている

 

  ・現在の日本のように、宗教との関わりが薄い地域も多い

   ※西ヨーロッパのフランス、ドイツ、オランダなども宗教との関わりが薄い

 

  ・社会主義体制のもとで宗教が抑圧されてきたロシアや東欧諸国は、

   体制が崩壊した後にキリスト教が復活している

 

  ・中東のイスラームの国々では、イスラームを軸にして

   国家の体制を作り直そうとする動きが活発化している

   =この動きを、イスラーム復興運動という

 

 

 

 

 

 

・食生活と宗教について

 

 

 ※宗教と食生活との関係については、大きく以下の2つを取り上げることができる

  ・ある種類の食べ物を食べることを禁じる

  ・食事の時に、信徒どうしが一緒に祈りをささげ、食事を共にすることがある

   →この行為は、同じ信仰を持つことを確認する意味も含まれていて、

    食べてはいけないものは宗教によって異なる

 

 

 

 

 ・それぞれの宗教と食事と地域との関係について

 

 

  ・ムスリム

   →・豚肉や血の残った肉、異教徒によって処理された肉を食べない

    ・飲酒も禁止されている

    ・ムスリムは、同じものを一緒に食べる儀式がある

    ・メッカへの巡礼が無事に終わったことを祝い、世界中のムスリムが、

     神に犠牲の動物(おもに羊)をささげ、みんなで分け合って食べる

 

  ・ユダヤ教徒

   →・豚や馬のように、胃袋で反芻しない動物の食用を禁じている

    ・イカやタコのように、うろこのない海の生き物も禁じられている

 

  ・ヒンドゥー教徒

   →・聖なる動物とされる牛を食べない

    ・不殺生の教えから、肉食をしない

    ・菜食主義をとる人が多い

 

  ・仏教

   →・殺生を戒める考えから、動物の肉を食べない

    ・伝わった地域によって、規制の厳しさに幅がある

    ・中国や日本では、規制がゆるやか

 

  ・キリスト教

   →・食べ物の規制はゆるやか

    ・キリストが十字架にかけられたのが金曜日だったという言い伝えから、

     金曜日には肉ではなく、魚を食べる習慣が残っている

 

 

 

ポイント

・生活と宗教についておさえる

・食生活と宗教についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 

閲覧数:1,760
LINEで送る
Pocket


(1名の投票, 平均点: 2.00, 総合点:2 | 未評価)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/31 20:15

コメント数: 0
お気に入り登録数:4



コメントを残す