西アジア・中央アジアの気候と生活について

閲覧数:4,786
投稿者:       投稿日時:2013/10/31 22:55      
評価数:1
評価 : 平均:5点 | 総合:5点
コメント数: 0       お気に入り登録数:9

LINEで送る
Pocket

西アジアと中央アジアの気候と生活について考えてみます

 

 

・西アジアと中央アジアの気候について

 

 

 ※西アジアから中央アジアのあたりを、「中東」という

 

 

 ・中東地域は、降水量が少なく、乾燥した地域が多い

  →そのため中東は、様々な砂漠が多くの面積を占めている

   ※実際は、砂漠というよりも岩石や礫に覆われている荒れ地が多い

 

 

 ・砂漠の周辺にはステップが広がっている

  →そのため、雨季は短い期間に草が育ち、乾季は灌漑によって農業を行うことができる

 

 

 ・湧水や河川の近くにオアシスがある

  →そこでは、カナートと呼ばれる地下水路を利用して、

   野菜や果物を栽培する農業が成立した

   =このような農業を、オアシス農業という

 

  ※カナートはイランでの呼び方で、北アフリカではフォガラ、アフガニスタンでは

   カレーズと呼ばれている

 

 

 

 

 

 

・中東の人々の生活のようすについて

 

 

 ※砂漠は人が定住することが難しい

  →そのため、中東では水を得られる場所に都市が成立し、

   そこに人口の大半が生活している

 

 

 ・エルサレムのように、数千年に及ぶ歴史を持つ都市は交易で栄え、

  東西文明の十字路として発達した

 

 

 ・中央アジアのブハラやサマルカンドなどの都市は、以下のような存在だった

  →・シルクロードの重要な場所

   ・イスラーム文化の中心

    ※そのため、現在も多くの壮麗なモスクが並んでいる

 

 

 ・西アジアから中央アジアにかけては、交易を軸に都市が発展した

  →このことは、以下のようにして、人々の生活習慣や価値観にも

   反映されていると言われている

   ・伝統的な市場であるバザール(アラビア語でスーク)には、

    衣類、食器、食料品などを売る店が集まっている

    =バザールでは、商品の売買の他に、様々な情報交換が行なわれる

   ・街かどにイスラームのモスクがある

    ※金曜日にムスリムは店を閉めて、モスクに礼拝に訪れる

 

  →さらに、外国人が大勢行き来してきたという動きが見られていた

   =このため、都市住民は異文化に対して開放的であり、客人に対するもてなしを

    大切にするという文化がある

 

 

 

ポイント

・西アジアと中央アジアの気候についておさえる

・中東の人々の生活のようすについておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 

閲覧数:4,786
LINEで送る
Pocket


(1名の投票, 平均点: 5.00, 総合点:5 | 未評価)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/31 22:55

コメント数: 0
お気に入り登録数:9



コメントを残す