ヨーロッパの農業について

閲覧数:2,222
投稿者:       投稿日時:2013/10/31 23:38      
評価数:1
評価 : 平均:4点 | 総合:4点
コメント数: 0       お気に入り登録数:4

LINEで送る
Pocket

ヨーロッパの農業について考えてみます

 

 

・ヨーロッパの農業の概要について

 

 

 ・ヨーロッパ農業は、基本的に畑作と牧畜の組み合わせが多いが、地域差も大きい

 

 

 ・大西洋沿岸地域

  →・西岸海洋性気候の影響を受ける

   ・農業協同組合による酪農が発達した

 

 

 ・内陸部

  →・大規模経営の混合農業

 

 

 ・北部から東北部

  →・基本的に寒い

   ・ライ麦やじゃがいもの栽培と豚の飼育という組み合わせが多い

 

 

 ・中央部

  →・パン用の小麦と乳牛や肉牛の飼育という組み合わせが多い

 

 

 ・ピレネー山脈やアルプス山脈の南側

  →・地中海式農業

   ・パスタに適した品種の小麦と野菜の栽培に、羊の飼育の組み合わせが多い

 

 

 ・デンマークやフランス

  →・農業人口が少ない

   ・大規模化や機械化が進んで、単位面積当たりの収穫量は多い

 

 

 ・地中海沿岸部

  →・農業人口が多い

   ・小規模経営が中心で、生産性が低い

   ・野菜や果物の種類が豊富

   ・丁寧な手作業によって良質のワインを生産する

   ・比較的豊かな食文化が多い

 

 

 

 

 

 

・EUの農業について

 

 

 ・EUは、農業市場を統一し、域内の各国間の関税を撤廃した

  ※しかし、国によって生産コストに差がある

   =そのため、生産性の低い国はダメージを受けやすいと言われている

 

  →そこでEUは、以下のような制度を設定した

   ・主な農産物に統一価格を設定した

   ・域外からの輸入農産物には域内価格との差額を課徴金として課した

   ・域外の農産物の価格が下がった場合は、補助金を出して支えた

 

    =上の制度によって、以下のようなことが起きた

     ・生産性の低い国の農業が保護され、生産性の高い国の農業が発展した

     ・過剰な生産を招くと同時に、市場価格が高いまま維持されるという問題が生じた

     ・域外に輸出するときは、国際市場価格より高い農産物を生産する農家に

      補助金を出して価格を下げなければいけなかった

 

    =そのため、2000年の時は、EUの総予算の約半分が共通農業政策に充てられた

 

 

 

 ・2004年に、東ヨーロッパの国々がEUに加盟することについて、二つの問題が懸念された

 

  ①新規加盟国に対する補助金がEUの財政を圧迫する

  ②補助金を得るためには、作物の作付け面積や収穫量に関する割り当て、

   畜産品に対する衛生基準などについてEUが課している厳しい基準を

   満たすことが必要で、新規加盟国の農業や畜産にとって、大きな負担になる

 

  ※今までの加盟国の中でも、農業への依存度が高い地中海沿岸諸国は、

   補助金の存続を望んでいると言われている

 

 

 

ポイント

・ヨーロッパの農業の概要についておさえる

・EUの農業についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 



コメントを残す