近現代の日本の思想のスタート -文明開化と啓蒙思想と自由民権運動-

閲覧数:1,397
投稿者:       投稿日時:2013/11/15 05:10      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:5

LINEで送る
Pocket

近現代の思想のスタートである、文明開化、啓蒙思想、福沢諭吉、自由民権運動の部分を考えます

 

 

・文明開化について

 ・文明開化の時の明治政府の動き

  →・明治政府は、富国強兵を目指して、近代の西洋の技術や社会制度、

    生活様式などを取り入れていこうとした

   ・祭政一致を提唱し、神仏分離令を出し、神仏習合を廃止した

    →それによって、仏教から分離させた神道を新しく国教(国家神道)だとした

   ・廃仏毀釈によって、神社の仏像や寺の神殿などが取り壊され、

    人々の文化に大きな変化を与えた

    

   ※・祭政一致・・祭祀と政治は一致しているべきである、という考え方のこと

    ・神仏分離令・・神仏習合を禁止し、神道と仏教をはっきり区別すること

  

 

 

・啓蒙思想について

 ・啓蒙思想(理性を使って、人々の思考を共通に進歩させるための考え方のこと)の

  日本の普及ために、多くの人が考えた

 

 ・福沢諭吉(後でも登場)・・「学問のすゝめ」「文明論之概略」を書いた

 ・中村正直・・「西国立志論」「自由之理」を書き、功利主義、自由主義を紹介した

 ・森有礼・・一夫一妻制を提唱した

 ・西周・・西洋哲学の移入のために努力し、多くの訳語を作った

 ・加藤弘之・・立憲政治の制度を紹介した

 

 →この人達は、他に何人かを加え、明六社を作った

  その時に、「明六雑誌」を作って、幕藩体制やその当時の道徳を批判した

 

 

 

 

・福沢諭吉について

 

 ・福沢諭吉は、近代の西洋にあった自然権の考え方にもとづいて、

  「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと云へり」と考えた

  →人々は生まれながらに平等で、他者の邪魔をしなければ、

   自分の力で自由に安定した人生を送る権利を

   天から賦与されている(与えられている)と考えた

   =このような考え方を天賦人権説と言う

 

 ・福沢諭吉は、文明の重要な部分は、外から目で見える形にして表現したものではなく

  独立自尊の精神だと考えた

  →福沢諭吉は、東洋の儒教に無くて、西洋の文明にあるものは、

   数理学と独立心だと考えた

   ※数理学・・実証的、合理的かつ、実用的、実利的な学問のこと

   →そこで福沢諭吉は、独立自尊の生活のためには、

    「日常に役立つ実学」が必要だと考えた

    ※だから、数理学を提唱した

 

 ・福沢諭吉は、人々に独立自尊の精神が生まれないと、日本の独立は無いと考えた

  =「一身独立して一国独立す」と考えた

 

 ・当時は、政府が尊重され、人々が見下されている風潮があった

  そこで福沢諭吉は、このような空気を変えるために、脱亜論を提唱した

  ※脱亜論・・野蛮なアジアを抜け出して、

        西洋諸国の仲間入りをするべきだという考え方

   

 

 

・自由民権運動について

 

 ・自由民権運動に関係した人達として、中江兆民と植木枝盛がいる

  ※福沢諭吉を中心とした啓蒙思想家は、イギリスの功利主義、経験論の影響を

   受けているという前提がある

 

 ・中江兆民-・「民約訳解」(ルソーの「社会契約論」という本の翻訳したもの)と

        「三酔人経綸問答」などを書いた

       ・民権(人民の権利、人民が政治に参加する権利のこと)は

        「恩賜的民権」と「恢復的民権」の2種類があると考えた

        ※・「恩賜的民権」・・政治を行う人が人々に与える民権のこと

         ・「恢復的民権」・・人々が自ら獲得する民権のこと

        →中江兆民は、日本は「恩賜的民権」を育てて、

         「恢復的民権」を目指すべきだと考えた

 

 ・植木枝盛-・どんな政府であろうと、政府が民権を妨げる時は、

        人々は政府に対抗する権利を持っていると考えた

        →そのため、民権は国権とは反対の立場にあると考えた

 

 

 ・中江兆民らの考え方を自由民権論と言い、この自由民権論は、

  啓蒙思想と一緒に自由民権運動に影響を与えた

  ※自由民権運動では、藩閥打破や国会開設の要求などをしていた

 

 

ポイント

・文明開化の時の明治政府の動きをおさえる

・啓蒙思想については、福沢諭吉、中村正直、森有礼、西周、加藤弘之らが考えた

・福沢を中心に明六社を作って、明六雑誌を発刊した

・福沢諭吉は、天賦人権説、独立自尊の精神、脱亜論などを考えた

・中江兆民は、恩賜的民権と恢復的民権を提唱した

閲覧数:1,397
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/11/15 05:10

コメント数: 0
お気に入り登録数:5



コメントを残す