「繰り返す」という重要な勉強や暗記の方法

タグ:勉強法 / 繰り返す /
閲覧数:1,221
投稿者:       投稿日時:2013/11/18 20:07      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:4

LINEで送る
Pocket

ある人に、このような質問をされました。

 

「勉強していて、いろいろなことが覚えられないんですが・・」

 

 

それに対しての答えは、これだと思います。

 

 

「繰り返して覚えてください」

 

 

もちろん、勉強は人それぞれで、適性なんかもあったりします。

全員が繰り返せば覚えられるというわけではありませんが、方法の一つとして、

今回は話を進めていきたいと思います。

 

 

なぜ、繰り返すかというと、

一言で言えば、覚えるべきことを頭に焼き付けやすくなるからです。

 

個人的には、「自分の好きな歌手の歌を覚える」というのが、結構しっくりくる気がします。

 

自分の好きな歌手の歌を覚えようとするとき、

口に出して歌ってみたり、曲を繰り返し聞いてみたり、サビの部分を優先的に覚えようとしたり

というような行動を取ると思いますが、

 

勉強で何かを暗記する時がこれに似ているような気がします。

 

 

例えば、このような問題があったとします。

「参勤交代を行ったのは誰か?」

 

この時、口に出して歌ってみるように、

答えを何回も口に出すことは効果的です。理由としては、頭以外を使うようになるからです。

人間は、頭と同時に他の部分を使いつつ暗記しようとすると、記憶に残りやすいと言われています。

だから、覚えようとした言葉を口に出して発する場合、

発することで口を使い、発した言葉を聞くことで耳を使うので、

口に出すだけで、頭以外の部分を早くも2か所使うようになり、記憶に残りやすくなります。

 

ちなみに、ここでは歌を例に出していたので、口に出すことをすすめていますが、

歩きながらとか、実際に書いてみたりとかも有効です。

 

また、曲を何回も繰り返し聞いてみるように、

答えに何回も触れてみることも効果的です。

単純に触れる回数が多いことで、頭に残りやすくなるからです。

また、繰り返すことで、脳に焼きつくので、頭から抜けにくくもなります。

だから、繰り返すことで、必然と忘れにくくなると思います。

ちなみに、口に出すということも、何回も答えに触れることになるので、より効果的だと思います。

 

 

そして、サビの部分を優先的に覚えようとするように、

参勤交代の周りの知識から、引っぱり出してくることも効果的です。

どういうことかというと、

曲を最初から全部覚えようとする人はなかなかいません。

多くの人はサビを覚えてから、サビの周辺を覚えるというスタイルだと思います。

勉強もそれと同じで、直接その答えを覚えようとする必要はありません。

有名な人物を覚えてから、その人物の背景を覚えるでもいいと思います。

 

要は、有名な部分から覚えて、細かい知識とつなげていくのが良いのではないかと。

 

ちなみに、「参勤交代を行ったのは誰か?」という問題ですが、

答えは

徳川3代将軍 徳川家光です。

 

今の例でいくと、

徳川家光ということは覚えていなくても、

徳川3代将軍ということや、徳川秀忠の次の人ということを覚えていれば、

「徳川家光」という言葉を覚えやすくなるかもしれない、ということです。

 

 

 

ただし、これには、問題点もあります。

例えば、国語の文章読解。

これは、社会科などのように、暗記することで点を稼ぐことは難しい教科です。

繰り返すことで、覚えるということとは、直結しづらい部分が出てきてしまいます。

 

あとは、センター試験。

センターの過去問を繰り返すことで、

センターのスタイルに慣れる、センターの特徴的な問題に慣れる、

など、いくつかメリットはあります。

 

しかし、センター試験を繰り返し解くことは、

口に出して覚えることではないし、どこから覚えるというわけではありません。

私の例は、「暗記するための繰り返し」であり、

センターの繰り返しは、「慣れるための繰り返し」です。

繰り返すことの意味が違ってきてしまいます。

 

 

ということは、今までの話をまとめると、

私が先ほどから述べてきた「繰り返し」は限定されてきます。

 

簡単に言うと、

 

 

「単純なものを繰り返して覚えよう」

 

 

ということです。

 

単純なものとは、具体的には、社会科や理科の用語、英単語や古文単語など、

ただ覚えるというものです。

 

こういうものを覚えるのには、繰り返しって有効だと思います。

 

 

 

ただ、これに関しては、間違っているとか、説明不足だろとか思う方がいるかもしれませんが、

コメントなどで、わかりにくい部分や間違っている部分などを指摘していただけると、嬉しいです。

 

 

 

長々と話してきましたが、

要は、歌を覚える要領で繰り返して暗記に挑戦してみると、効率がいいかもしれないよ。

ということです。

これは、勉強だけではなく、社会の様々な場面で使えると思います。

覚えたいことがあったら、繰り返して覚えてみる。

 

もしよかったら、試してみてください。

 



コメントを残す