自分を中心に物事が評価されているわけではありません

閲覧数:768
投稿者:       投稿日時:2013/11/18 20:26      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:4

LINEで送る
Pocket

突然ですが、

同級生や先輩なんかで、こういうことを言う人が時々います。

 

 

「なんで、オレはできたのに、おまえはできないんだよ」

 

 

ボクは、なぜこんなことを言うのかがよくわかりません。

 

いろいろと理由はありますが、

大きくは、なぜ自分が中心となってしまっているのか。

自分ができること=他の人もできる、なんていう認識がどこからくるのでしょうか。

 

一人一人に個性というものがあって、

できることもいろいろと変わってくる、ということがわかっていないのでしょうか。

 

もし、他人を評価する場合でも、

自分を基準として判断するのではなく、

もっと、様々な視点から評価することが必要だと思います。

 

 

ただし、評価をするな、とは言っていない

ということだけは、注意してほしいです。

 

哲学的な人の中には、「人が人を評価することはできない」

という人がいます。

 

しかし、評価というものは、

しなければいけないものであり、人の価値判断は必ず迫られます。

 

だから、評価をするな、とは思っていません。

 

その中でも、自分を中心とした評価は避けましょう。

という話です。

 

 

 

 

自分自身と比較する人がいますが、

世界の人々は、自分を中心として評価をしていません。

自分を評価の基準とする、という視野の狭さは危険な気がします。

もし比較をするとしても、

もっと大きく、様々な視点で評価していく必要があると思います。

 



コメントを残す