ムガル帝国の成立と衰退について

閲覧数:1,720
投稿者:       投稿日時:2013/10/14 06:21      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:0

LINEで送る
Pocket

ムガル帝国の成立と衰退について考えてみます

 

 

・ムガル帝国の成立について

 

 

 ・16世紀に入ると、中央アジア出身のティムールの子孫であるバーブルという人が、

  カーブルを本拠地にして北インドに進出するという出来事が起きた

  →バーブルは、1526年にパーニーパットの戦いで、

   デリー=スルタン朝最後のロディー軍に勝利し、

   ムガル帝国のきっかけを作ったと言われている

   ※バーブルは支配者としてすぐれていただけでなく、

    ペルシア語やアラビア語の教養も深かったため、

    「バーブルの書」をはじめとする作品でも知られている

 

 

 ・実質的に帝国の土台を作ったのは、第3代のアクバルという人だった

  →アクバルは以下のようなことを行った

   ・首都をアグラに移した

   ・支配階層の組織化をはかった

   ・維持すべき騎兵、騎馬数とそれに応じた給与によって支配階層を等級づけて官位を与えた

    ※この制度は、マンサブダール制という

   ・全国の土地を測量して徴税する制度を導入した

    =このような動きを通して、中央集権的な統治機構を整えていった

 

 

 ・15~16世紀のインド社会では、イスラーム教とヒンドゥー教との融合をはかる信仰が

  盛んになった

  →その中で、カビールや愛と献身を考え、シク教の祖となったナーナクが登場した

   ※・カビール・・不可触民への差別を非難し、人類が根本的に一つであることを説明した

    ・愛と献身・・愛と献身によって神とともに生きることでカーストの区別なく

           解脱できることを説明した

 

 

 

 

 ・上のような時代背景のもとで、アクバルは信仰と統治の両面でヒンドゥー教徒と

  イスラム教徒の融合をはかった

  →そうすることで、支配の基盤を固めようとした

  →さらにアクバルは、自らヒンドゥー教徒の女性と結婚し、

   非イスラーム教徒に課されていた人頭税(ジズヤ)を廃止して、

   ヒンドゥー勢力を味方につけた

 

 

 

 ・文化面でも、以下のように、融合への積極的な動きが見られた

  →・ムガル宮廷にはイラン出身者やインド各地から画家が招かれ、

    細密画が多数生み出された

   ・地方の宮廷では、地方語による作品が生み出されると同時に、

    それらの作品のペルシア語への翻訳が進んだ

   ・公用語のペルシア語がインドの地方語に融合したウルドゥー語も誕生した

    ※ウルドゥー語は、現在のパキスタンの国語になっている

   ・インド様式とイスラーム様式が融合したタージ=マハルなどの

    壮大な建築が現在に残された

 

 

 

 ・南インドでは、14世紀にウィジャヤナガルと呼ばれるヒンドゥー王国が誕生した

  →ヒンドゥー王国は、16世紀の初めに全盛期を迎えた

   ※しかしイスラーム勢力との抗争によってヒンドゥー王国が衰退した

    =結果的に、地方の様々な勢力の自立化が進んだ

 

 

 

 

 

 

 

・ムガル帝国の衰退について

 

 

 ・ムガル帝国は、アウラングゼーブ帝という人の時代に最大の領土となった

  ※しかし、アウラングゼーブ帝という人はまた、支配の弱体化が進んだ時代でもあった

 

 

 ・ムガル帝国の支配層は、地租の徴収を強化した

  ※一方で、農村や都市で活発に展開していた商品生産に積極的に関わろうとしなかった

 

 

 ・アウラングゼーブは、イスラーム教を信仰した

  →一方で、ヒンドゥー教寺院の破壊を命令し、人頭税の復活などを行った

   =そのため、ヒンドゥー教徒を圧迫して反発を招いた

 

 

 

 →上のような情勢の中で、地方の勢力が着実に力をつけていった

  ※その中で、各地の農民の反乱や独立の動きが表面化した

 

 →西インドでは、ムガル帝国の支配から独立してヒンドゥー国家の建設を目指す

  マラーター王国が登場した

  ※西北インドでは、シク教徒が反乱を起こした

 

 

 

 =結果的にアウラングゼーブの死後に、ムガル帝国は一気に解体した

  →そして、ベンガルやデカンに独立政権が生まれた

 

 

ポイント

・ムガル帝国の成立についておさえる

・ムガル帝国の衰退についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

閲覧数:1,720
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/14 06:21

コメント数: 0
お気に入り登録数:0



コメントを残す