インドの民族運動について

閲覧数:1,300
投稿者:       投稿日時:2013/10/17 15:31      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:2

LINEで送る
Pocket

インドの民族運動について考えてみます

 

 

・インドの民族運動について

 

 

 ・イギリスは、インド帝国が成立してから、鉄道の建設などの通信交通手段を整備していった

  →そのため、以下のような商品作物の生産が進んだ

   ・コーヒーや茶などのプランテーション作物

   ・綿花などの工業原料作物  など

   

  ※しかし、上のような政策はイギリスの利害を重視したものだった

   =そのため、インドの人々には経済面で大きな負担を与えた

 

 

 

 ・上のような状況で、弁護士、技術者、官僚などのエリート層を中心に

  人種差別を経験することで、民族的な自覚を持つ階層が出現した

 

 ・一方で、イギリス側にもインド人エリートを植民地支配の協力者として利用する

  という考え方が出て来ていた

 

  =上の2つの狙いが一致して、インド人の意見を諮問する機関として

   1885年にインド国民会議が結成された

 

 

 

 ・インド国民会議の結成後、民族運動がベンガルを中心にだんだんと盛んになっていった

  →そこでイギリスは、ヒンドゥー教とイスラーム教を仲の悪い状態にして

   両方の宗教の運動を分断することを狙って、

   1905年にベンガル分割令という法律を作った

 

  →ベンガル分割令に対して、国民会議では、穏健派に代わってティラクという人を

   中心とした急進派が主導権を握って反対運動を起こした

   ※1906年にベンガルのカルカッタというところで開かれた大会では、

    以下の4つを決めて、イギリスに正面から対抗することを考えた

    →・英貨排斥 ・スワデーシ(国産品愛用) ・スワラージ(自治獲得) ・民族教育

 

 

 

 ・一方で、ムスリムは、ベンガル分割令によって多数派となれる州が出てくる

  という利点を説明するイギリス人総督が出てきた

  →この説明の影響によって、1905年に国民会議とは別で親英的な

   全インド=ムスリム連盟を結成した

 

  ※ただし、急激に進んだ運動は、国民会議の内部対立や植民地政府による弾圧によって、

   静まってしまった

   →これに加えて、イギリスはインド人を落ち着かせるために、

    インド人の一部をイギリスの行政組織に参加させた

 

 ・さらに、イギリスは1911年にベンガル分割令を撤回した

  →しかし、その一方で首都を反イギリス運動の本拠地であったカルカッタから、

   以前の首都だったデリーに移すことで、運動をやめさせていこうとした

 

 

ポイント

・インドの民族運動とイギリスとの関係についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです 



コメントを残す