承久の乱について

閲覧数:955
投稿者:       投稿日時:2013/10/22 03:12      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:1

LINEで送る
Pocket

承久の乱について考えてみます

 

 

・承久の乱について

 

 ・幕府の成立したり勢力が拡大したりしたため、京都の朝廷では、今までの朝廷の政治を

  立て直すことが行われた

  →その朝廷の立て直しを行った中心だったのが、後鳥羽上皇という人だった

 

 ・後鳥羽上皇は、以下のような行動をとった

  →・広く大量にあった皇室領の荘園を後鳥羽上皇が持つようになった

   ・新しく西面の武士(院の西に勤務した武士)を置いて、軍事力を高めた

 

  →このような行動を取ることで、院政を強めつつ、幕府と対決して朝廷の勢力を

   復活させる動きを強めた

 

 

 ・そのような状況の中で、1219年に将軍の源実朝が源頼家の

  遺児(親が死んだ後に残された子ども)である公暁という人に暗殺された

  という事件が起きた

  →この出来事によって、朝廷と幕府との関係が悪くなった

 

  ※朝廷と幕府との関係が悪くなった流れ

   ・北条義時は、源実朝が死んだ後に、皇族を将軍に招き入れるための交渉を行った

    ※しかし、上皇が拒否して交渉が上手に進まなかった

     →そこで幕府は、源頼朝の遠い血縁関係にある摂関家出身の

      幼い藤原頼経を将軍として迎え入れた

      =この後2代続いた摂関家出身の将軍を、藤原将軍(摂関家将軍)と呼ぶ

 

 

 →関係が不安定になると、1221年に後鳥羽上皇は、大寺院の僧兵、

  畿内や西国の武士、北条氏の勢力の拡大に反対する東国武士の一部を味方につけた

  =この動きによって、北条氏を倒す兵が誕生した

 

 

 →・しかし、後鳥羽上皇の期待に反して、後鳥羽上皇についた東国武士のほとんどは、

   北条氏のほうに集まって戦いにのぞんだ

   ※幕府が、源義時の子どもである源泰時と弟の源時房などを中心とした軍を

    京都に送り込んで攻めた

    →1か月の戦いのあと、結果的に幕府の圧倒的な勝利に終わり、3上皇を配流した

     =この出来事を承久の乱と言う

 

    ※3上皇の配流の状況について

     ・後鳥羽上皇を隠岐に流した

     ・土御門上皇という人を土佐(後の阿波)に流した

     ・順徳上皇という人を佐渡に流した

      ※仲恭天皇という人は天皇の地位から降ろされた

 

 

 

 ・承久の乱の後の状況について

 

  ・承久の乱の後、幕府が皇位の継承に加わるようになった

 

  ・京都に六波羅探題という職が設置された

   →六波羅探題が、朝廷の監視、京都の内と外の警備、西国の指示などを行った

 

  ・後鳥羽上皇のほうについた、貴族や武士の土地である約3000か所を没収して、

   幕府側についた御家人を、没収した土地の地頭に任命した

   ※没収した土地の地頭に任命する時に、これまで給料が少なかった土地については、

    新補率法を定めて、新補地頭の給料を保障した

    

    ※新補率法の内容

     ・田畑11町ごとに1町の土地を、地頭に与える

     ・田地1段につき5升の米(加徴米)を、地頭に与える

     ・山や川からの収益の半分を、地頭に与える

 

 

  →以上の動きによって、畿内や西国の荘園と公領にも、幕府が影響を及ぼすようになった

 

  →朝廷では、引き続き院政が行われた

   ※しかし、承久の乱によって、朝廷と幕府の両方が支配する状況が変わった

    =幕府が優位な立場になり、幕府が皇位の継承や朝廷の政治にも関わるようになった

 

 

 

ポイント

・承久の乱の内容とその後を押さえる

 

このあたりが今回のポイントです

閲覧数:955
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/22 03:12

コメント数: 0
お気に入り登録数:1



コメントを残す