戦国大名の政策について

閲覧数:1,977
投稿者:       投稿日時:2013/10/24 03:04      
評価数:1
評価 : 平均:1点 | 総合:1点
コメント数: 0       お気に入り登録数:0

LINEで送る
Pocket

戦国大名が当時行っていた政策について考えてみます

 

 

・戦国大名の当時の動きについて

 

 ※戦国大名は、なぜ政策を出していったのか

  →家臣を統制したり、領国を支配したりするために、必然的に政策が必要になった

 

 

 ※戦国大名が作った法律は、幕府や守護が作った法律を引きついだり、

  国人一揆に関する法律を使ったりと、基本的に中世の法律の集大成的な性格を

  持っていたと言われている

  →その中でも、分国法や喧嘩両成敗法などの法律が代表的だった

 

  ・分国法(家法)・・戦国大名が自分の領国に関して定めた基本的な法律のこと

 

  ・喧嘩両成敗法・・ケンカをした時に、どちらが悪いかは関係なく、

           ケンカをした両方に同じ刑罰を与える法律のこと

   →この法律には、2つの目的があった

    ・家臣のケンカを当事者の実力で解決するのではなく、全部のケンカの結果を

     戦国大名の判断に任せることで、戦国大名が担当する領国の平和を

     維持する狙いがあった

     ※喧嘩両成敗法を全国レベルで行ったのが、豊臣秀吉の惣無事令だった

    ・戦国大名に権力があることを見せつける狙いがあった

 

 

 ・戦国大名は、自分が征服した土地で、検地(土地の調査)を行うことがあった

  →この検地によって、検地帳に農民の土地面積と年貢の量などが登録された

   =そのため、戦国大名は農民に対しての直接支配が強くなった

 

   ※検地には、2種類あった

    ・領主が、自分の支配している土地の面積や収入の額を自己申告させる

    ・名主に、自分が耕作している土地の面積や収入の額を自己申告させる

     =この2つを合わせて、指出検地という

 

 

 ・戦国大名は、戦いなどのために武器を始めとした様々な物資の生産や調達が

  大量に必要とされた

  →そのため、戦国大名は自分の土地にいる商工業者をコントロールする必要があった

   ※多くの戦国大名は、商工業者の力を結集させることを考えた

    =そのため、戦国大名は城や城下町の建設、灌漑や治水の事業、

     鉱山の開発などを行った

 

   ※戦国大名は、朝鮮や明から輸入していた木綿を、兵隊の服や鉄砲の火縄などに

    使ったため、木綿の需要が高まり木綿の栽培が日本で行われるようになった

    =この動きが、日本人の衣服を大きく変えたと言われている

 

   ※戦国大名が鉱山を開発したことによって、精錬や採掘の技術が発展した

    →そのため、金や銀の生産が高まり、甲斐の金山や石見の銀山などが有名になった

 

 

 ・戦国大名は、城下町を中心にして、領国を経済の区域の一つとすることを

  考えている人が多かった

  →そのため、経済を活発にすることを目的として様々なことを行った

   ・領国の中にある宿駅や伝馬などの交通の制度を整備した

   ・関所を廃止した

   ・市場を作った

    →これらは、商業の取り引きを円滑に行うことを目指していたと言われている

 

 

 ・戦国大名は、城下町に家臣や商工業者の有力な人達を集めた

  →そのため、城下町が政治・経済・文化などの中心として発達していった

   ※特に有名だった城下町に、以下のようなものがあった

    ・北条氏-小田原 ・今川氏-府中(現在の静岡県) 

    ・上杉氏-春日山(現在の上越市) ・大内氏-山口 

    ・大友氏-豊後府内(現在の大分市) ・島津氏-鹿児島  etc

 

 

ポイント

・戦国大名の様々な支配を押さえる

 

このあたりが今回のポイントです

閲覧数:1,977
LINEで送る
Pocket


(1名の投票, 平均点: 1.00, 総合点:1 | 未評価)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/24 03:04

コメント数: 0
お気に入り登録数:0



コメントを残す