アメリカの自然環境について

閲覧数:8,031
投稿者:       投稿日時:2013/10/31 20:42      
評価数:7
評価 : 平均:3.29点 | 総合:23点
コメント数: 6       お気に入り登録数:8

LINEで送る
Pocket

アメリカの自然環境について考えてみます

 

 

・アメリカの自然環境について

 

 

 ・アメリカの面積は、日本の約25倍ある

 

 ・熱帯から寒帯まで、乾燥地域から湿潤地域まで、様々な自然環境が存在する

 

 ・北アメリカ大陸の西側を南北に、ロッキー山脈というのがのびている

  →ロッキー山脈と、東部のアパラチア山脈の間に、五大湖と中央平原がある

 

 ・国土の中央部のほぼ西経100度線を境にして、東側が湿潤、西側が乾燥している

 

 ・北から南に向かって、気候は温暖になる

 

 ・五大湖周辺は、亜寒帯湿潤気候でタイガが広がる

  ※冬場は、ブリザードという猛吹雪をまじえた寒波に襲われることがある

 

 ・大西洋岸からメキシコ湾岸にかけては、温暖湿潤気候がある

  ※フロリダ半島の一部には、熱帯モンスーン気候が見られる

  ※夏は、大西洋岸がハリケーンに襲われることがある

 

 ・中央平原には、以下のような特徴がある

  →・年降水量は東から西に向かって減少する

   ・植生は、東から西に向かって森林から草原になる

 

 ・太平洋岸では、偏西風や海流の影響を受け、地中海性気候や西岸海洋性気候が見られる

 

 

 

ポイント

・アメリカの自然環境についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 



コメント

  • : 2014/1/8(水) 14:18:12 | 結城晴日 | 返信する

    役に立ちました

    ありがとうございます^^

  • : 2014/1/9(木) 07:31:29 | さやかとゆい | 返信する

    結城晴日さん
    コメントありがとうございます!

    私が書いた内容でコメントいただけて嬉しいです!
    つたない文章ですが、
    よかったら他の文章も読んでみて下さい

    ありがとうございました!

  • : 2014/1/29(水) 11:06:39 | ほい | 返信する

    ありがとう

  • : 2014/8/20(水) 21:22:41 | Natsuki | 返信する

    夏休みの地理のレポートで使わせていただきました!!すごく役立ちました!!ありがとうございました!!

    • : 2015/9/3(木) 00:14:14 | ジャック |

      ありがとうございます

  • : 2015/8/3(月) 14:42:36 | あ | 返信する

    役立ちました。

コメントを残す