アメリカの農業について

閲覧数:5,787
投稿者:       投稿日時:2013/10/31 20:49      
評価数:1
評価 : 平均:1点 | 総合:1点
コメント数: 0       お気に入り登録数:8

LINEで送る
Pocket

アメリカの農業について考えてみます

 

 

・アメリカの農業について

 

 

 ・アメリカ合衆国は、最初は家族経営の小規模な農場によって開拓が進む過程で、

  地域の自然環境に適応した形で、様々な農業が行われてきた

  →20世紀からは、アメリカで以下のような農業の変化が起きた

   ※・大規模化  ・機械の大型化  ・機械の高度化  ・化学肥料や農薬の投入  

    ・情報技術の利用 など

    =結果的に、農業経営の合理化や、農業の「工業化」が進んでいる

     ※そのため、少ない農業従事者で、様々な農産物が大量に生産されている

 

   ※アメリカで作られる、とうもろこし、大豆、小麦、コメなどのほとんどの部分は

    輸出用とされている

   ※アメリカは世界最大の穀物輸出国で、世界の食料倉庫と呼ばれている

 

 

 

 

 ・オハイオ州の西部からアイオワ州にかけての比較的湿潤な地域は、コーンベルトと呼ばれる

  =コーンベルトでは、とうもろこしや大豆を中心とした飼料作物の輪作と家畜飼育が

   伝統的に行われてきた

   ※コーンベルトの西側にある雨の比較的少ない地域は、比較的乾燥に強い小麦が

    大規模に生産されるようになった

 

 ・中西部のプレーリーからグレートプレーンズにかけての草原地域は、

  世界有数の穀倉地帯であると同時に、牛肉の生産でも有名になっている

  ※ここでは、豊富な地下水を利用した大規模な灌漑農業によって

   とうもろこしが栽培されている

   →中でも、フィードロットと呼ばれる企業的な肥育場では、

    ここのとうもろこしを飼料として、肉牛が短期間に肥育されている

 

  ※肉牛は、大規模な食肉工場で冷凍牛肉として処理され、海外にも輸出する

 

 

 

 

 ・カリフォルニア州は、地中海性気候のために気候が温暖で

  作物を栽培できる期間が長く、農業が盛んになる

  →ここでは、乾燥する夏は水不足に悩まされてきた

   =しかし、大規模な灌漑事業が進んだことで、生産性の高い農業地域が形成された

    ※セントラルヴァレーというところを中心に、野菜や果樹などの

     集約的な農業が行われている

 

    ※収穫など、機械化できない農作業は、ヒスパニックに頼っている

     →そのため、ヒスパニックはカリフォルニア州の農業にとって

      必要不可欠だと言われている

 

 

 

 

 ・現在のアメリカの農業は、アグリビジネス企業が影響を与えていると言われている

  →アグリビジネス企業の多くは多国籍企業で、世界各地の農業関連の

   様々な事業を展開している

   ※中でも穀物メジャー(巨大穀物商社)は、世界の穀物の価格を左右する存在で、

    穀物の加工や流通に加えて、食肉産業などにも出てきていると言われている

 

 ・アメリカは、農産物の主な輸出国であるため、市場が海外の影響を大きく受ける

  =そのため、農家は国際的な政治や経済の状況などの影響を直接受けることになる

   →結果的に、農産物の価格が低迷する中で、小規模な家族経営の農家が

    倒産や離農に追い込まれてきた

 

 ・現在は、大規模化や企業化が進んでいる

  →そのため、昔からの土地利用や土壌管理が行われなくなり、

   土壌侵食や農地荒廃などが問題になっている地域もある

 

 

 

ポイント

・アメリカの農業を様々な視点からおさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 

閲覧数:5,787
LINEで送る
Pocket


(1名の投票, 平均点: 1.00, 総合点:1 | 未評価)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/31 20:49

コメント数: 0
お気に入り登録数:8



コメントを残す