アメリカの工業と技術革新について

閲覧数:4,048
投稿者:       投稿日時:2013/10/31 20:54      
評価数:2
評価 : 平均:3点 | 総合:6点
コメント数: 0       お気に入り登録数:7

LINEで送る
Pocket

アメリカの工業と技術革新について考えてみます

 

 

・アメリカの工業について

 

 

 ※20世紀にアメリカは、豊かな地下資源を使って、資本の蓄積、移民労働力の流入、

  技術革新が行われた

  =その結果、アメリカが世界最大の工業国に発展した

   →合理的な大量生産方式の開発と一緒に、製品の品質管理も行われ、

    新しい工業の分野が活発に出てきた

 

 

 ・第二次世界大戦後には、以下のような様々な先端技術産業が発達した

  →・エレクトロニクス  ・バイオテクノロジー  ・航空宇宙産業  など

 

 

 ※コンピュータやインターネットなどの情報技術(IT)の多くも、アメリカで開発された

 

 

 

 

 

 

・アメリカの産業構造について

 

 

 ・20世紀の前半まで

  →・重工業を中心とした経済発展が行われていた

   ・経済発展の中心は、大西洋岸のメガロポリスから五大湖沿岸にかけての

    工業地域だった

    ※五大湖沿岸での重工業の発展について

     →スペリオル湖に近いメサビなどの鉄鉱石と、イリノイ・インディアナ州で

      産出する石炭が五大湖の水運で結びついた

      =その結果、デトロイトを中心としたアメリカ国内最大の工業地域を形成した

 

 

 ・第二次世界大戦

  →・ヨーロッパや日本で工業化が進んだ

    →そのため、今までアメリカの経済を支えてきた鉄鋼業や自動車産業は、

     厳しい競争に巻き込まれた

     ※当時は、ドル高による国際競争力の低下などが競争を激しくさせていた

      と言われている

      =その結果、工場の閉鎖が相次ぎ、失業者の増大が深刻になった

       ※厳しい競争に巻き込まれていたこの地域を、スノーベルトという

 

 

 ・1970年代

  →・北緯37度より南側のサンベルトと呼ばれる地域に、

    新しい先端技術産業地域が形成された

    ※サンベルトは、温暖な気候、安い労働力、広い工業用地、財政的優遇措置など

     企業にとって魅力的な環境だった

 

 

 

 

 ・カリフォルニアのシリコンヴァレーというところには、名門大学を拠点として、

  多くの半導体工場、コンピュータや情報技術関連企業が集まるようになった

 

 ・一方で、アメリカ合衆国の経済の中心は、第2次産業から第3次産業へと変化した

  ※そのため、多くの企業が賃金の安いメキシコなどに工場を移転して多国籍化している

   =その結果、アメリカ国内で雇用が減少し、産業の空洞化が問題となっている

 

 ※しかし、先端技術や情報産業の分野では、専門的知識を持った労働者が

  不足しているという問題がある

  →そのためアメリカは、このような分野に対してはアジアなどをはじめとして、

   海外からの人材を積極的に集めている

 

 

 

 

 

 

・技術革新について

 

 

 ・1990年代のアメリカ

  →・情報技術革命が、急速に進んでいった

    =そのため、以下のようなことが起きた

     ・アメリカ合衆国の経済は回復した

     ・情報技術や生命工学などの先端技術産業で世界を引っ張る存在になった

 

 

 ・アメリカの企業や大学には、世界中から優秀な人材が集まる

 ・自由な競争、新規事業、企業家精神などを支える仕組みがアメリカにある

  →そのため、新しいコンピュータ関連の技術やソフトウェアが生まれやすい

   と言われている

 

 

 

ポイント

・アメリカの工業についておさえる

・アメリカの産業構造についておさえる

・技術革新についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 

閲覧数:4,048
LINEで送る
Pocket


(2名の投票, 平均点: 3.00, 総合点:6 | 未評価)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/31 20:54

コメント数: 0
お気に入り登録数:7



コメントを残す