東南アジアの植民地化の動きについて① -オランダ・マレー半島-

閲覧数:1,836
投稿者:       投稿日時:2013/10/14 17:04      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 1       お気に入り登録数:1

LINEで送る
Pocket

東南アジアの植民地化の動きについて、オランダとマレー半島を中心に考えてみます

 

 

 

・東南アジアの植民地化について

 

 

 ・東南アジアでも、西欧の国々の動きは、初期の香辛料獲得などの商業権益の拡大を

  目指すものから、しだいに領土の獲得へ移っていった

  ※獲得された領土では、一次産品の生産が積極的に進められた

   =一次産品の生産物は、世界市場に直接的に結び付けられた

 

 

 

 

・オランダの動きについて

 

 

 ・オランダは、香辛料の確保を狙って、16世紀の終わりに初めてジャワ島に到達した

  

 ・オランダは、1623年のアンボイナ事件をきっかけに、イギリスへの優越を決定的にし、

  領土の獲得に取りかかっていった

  →一方で、ジャワの様々な勢力は抵抗したものの、だんだんと圧倒されていった

   =そして、18世紀の半ばにはマタラム王国が滅ぼされ、オランダはジャワ島の大半を

    直接支配下に置いた

 

 

 

 

 ・19世紀に入って、オランダ政庁による直接の支配のもとで、

  コーヒーや藍などの商品作物が導入された

  ※この時、政庁は買い上げ価格を一方的に定めたため、生産者は圧倒的に不利な立場だった

   →ジャワ島を舞台にして発生したオランダ支配への大規模な反乱である

    ジャワ戦争などによって財政が悪化した

    =そこでオランダは強制栽培制度という制度を導入した

     →オランダは、この制度によって莫大な利益をあげたが、一方でジャワの農村で飢饉が反発し

      しだいに衰退していった

 

  ※強制栽培制度とは

   ・政庁が栽培すべき作物の種類と土地、生産量、必要な労働者の数などを指示して、

    生産物を低い指示価格で徴収するという制度のこと

   ・この制度によって、ジャワ村落は食料の自給が何度か出来なくなり、大きな困難を負わされた

 

 

 

 

・マレー半島について

 

 

 ・マレー半島とミャンマーに、イギリスが進出するということが起きた

  →イギリスは、東南アジアから中国への貿易活動の拡大を狙った

   =そのため、18世紀の終わりから19世紀の初めにかけて、

    マレー半島のペナン、マラッカ、シンガポールを入手し、ジャワを占領した

 

 ・オランダと協定を結んでマラッカ海峡を境界とする支配権の分割が取り決められた

  →すると、イギリスがジャワを返還し、1826年にマレー半島の残り3都市を

   海峡植民地として成立させた

 

 ・イギリスは、1870年代になると、今までの港市だけの支配から

  領域的な支配に乗り出すようになった

  →イギリスは、錫の利権をめぐる中国人やマレー人スルタンの争いに介入して

   支配地域を広げた

   =そして、1895年にマレー連合州を結成させてマレー半島の支配を確立していった

 

 ・20世紀に入ると、インドから大量の移民を導入した

  →そして、広大な未開地をゴムのプランテーションとしていった

 

 

ポイント

・オランダとマレー半島の植民地化の動きについておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

閲覧数:1,836
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/14 17:04

コメント数: 1
お気に入り登録数:1



コメント

  • : 2017/12/25(月) 17:17:51 | ロレックスコピーn級品 | 返信する

    スーパーコピーブランド時計激安通販専門店
    2017年人気最高品質時計コピー、国際ブランド腕時計コピー最新入荷!
    商品の数量は多い、品質はよい。
    海外直営店直接買い付け!
    製品はされています高品質と低価格で提供!歓迎新旧顧客お願いします!
    ★ 2017年注文割引開催中,全部の商品割引10%
    ★ 在庫情報随時更新!
    ★ 実物写真、付属品を完備する。
    ★ 100%を厳守する。
    ★ 送料は無料です(日本全国)!
    ★ お客さんたちも大好評です
    ★ 経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一!
    税関の没収する商品は再度無料にして発送します
    ロレックスコピーn級品 http://www.gooshop001.com/clocks/rolex/list_14_2.html

コメントを残す