対抗宗教改革について

閲覧数:1,287
投稿者:       投稿日時:2013/10/14 20:28      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:1

LINEで送る
Pocket

対抗宗教改革について考えてみます

 

 

・対抗宗教改革について

 

 

 ・宗教改革が進んでいる時に、カトリック教会では、教義を明確にすることと

  内部の改革を通じて、勢力を建て直そうとした

  =この動きのことを対抗宗教改革(反宗教改革)という

 

 

 ・対抗宗教改革として、以下のようなことを行った

  →・1545年からトリエントで開かれた公会議で、教皇の至上権を再確認するとともに、

    腐敗の防止をはかった

   ・禁書目録を作った

   ・宗教裁判所を強化して思想の統制を行った

 

 

 ・また、1534年にスペインのイグナティウス=ロヨラという人が

  フランシスコ=ザビエルなどと同志を作った

  →そこで、教皇の許可を受けたイエズス会(ジェズイット教団)は、厳格な規律と組織のもとに、

   ヨーロッパだけでなく、海外でも積極的な宣教・教育活動を繰り広げた

   =この動きは、カトリック教会の勢力の回復に貢献したと言われている

 

  →この結果、以下のようなことも起きた

   ・南ヨーロッパへの新教の進出は阻まれた

   ・南ドイツの多くの地域が新教徒から奪回された

   

 

 

 ※海外でのカトリックの布教活動は、「大航海時代」の世界的通商・植民活動と

  密接なつながりを持っていた

  →ザビエルが1549年に日本に来たのも、その一環だと言われている

 

 

 

 

 ・対抗宗教改革によって、旧教徒と新教徒の対立がいちだんと激しくなった

  =その結果、ヨーロッパの各地で宗教戦争が起こった

   →このような社会的な緊張が高まった中で、「魔女狩り」が盛んに行われた地域もあった

 

  ※魔女狩りについて

   ・悪魔の手先として魔術を行うとの疑いをかけられたものに対する激しい迫害のこと

   ・異端迫害の立場を取った

   ・ヨーロッパでは、16世紀から17世紀が最盛期だった

   ・魔女狩りによって、10万人以上と言われる人々が殺された

   ・犠牲者の大半が女性だったが、なかには男性も含まれた

 

 

 

ポイント

・対抗宗教改革の内容と流れについておさえる

 

このあたりが今回のポイントです



コメントを残す