近代ヨーロッパの啓蒙思想について

タグ:啓蒙思想 /
閲覧数:3,713
投稿者:       投稿日時:2013/10/15 03:38      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 1       お気に入り登録数:0

LINEで送る
Pocket

啓蒙思想について考えてみます

 

 

・啓蒙思想について

 

 

 ※啓蒙思想とは

  ・合理的な知を重視して、偏見を批判する立場がルネサンスの時期に見られた

  ・上の考え方が、科学革命を通じて、18世紀に入った後に一層大きな流れになった

   =この考え方を啓蒙思想という

    

   ※啓蒙思想は、特にフランスで有力だった

 

 

 

 ・啓蒙思想の流れの中で、以下のような人達が出てきた

 

  →・モンテスキュー・・「法の精神」という本で、イギリスの憲政をほめた

 

   ・ヴォルテール・・カトリック教会を批判し、「哲学書簡」という本で

            イギリスをほめた

 

   ・ルソー・・「人間不平等起源論」「社会契約論」で、万人の平等にもとづく

          人民主権論を提唱した

          →ルソーの考え方は、フランス革命に大きな影響を及ぼしたと言われている

 

    ※一般的に、啓蒙思想家が文明の進歩をたたえたのに対し、

     ルソーは、人間の自然的な善を信じて、文明化に向かうことの悪を指摘している

 

   ・ディドロとダランベール・・フランスの思想家たちの考え方を「百科全書」というもの

                 にして編集し、フランス内外に大きな社会的反響を呼んだ

 

 

  =ドイツや東欧では、上のような啓蒙思想が絶対王政と結びついて、

   啓蒙専制主義というのを生み出した

 

 

 

 

 ・啓蒙思想は、経済の面でも適用された

 

  ※当時のフランスは、重商主義による国家規制が強かった

   →そのような状況の中で、ケネーという人が「経済表」を書いたり、

    財務総監のテュルゴーという人が重農主義という理論を生み出したりした

    ※重農主義・・富の基本を土地だと考え、経済活動の自由放任を主張する考え方のこと

 

   →いち早く産業革命が始まったイギリスでは、アダム=スミスという人が出てきた

    ※アダム=スミスについて

     ・アダム=スミスは、「諸国民の富」(「国富論」)という本を書いた

     ・国富論の中で、国民の生産活動の全体を富の基本と考え、

      分業と市場経済の基礎理論を展開した

     ・アダム=スミスは、自由主義的な古典派経済学を誕生させた

 

 

ポイント

・啓蒙思想とその流れについておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

閲覧数:3,713
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/15 03:38

コメント数: 1
お気に入り登録数:0

タグ:啓蒙思想 /



コメント

  • : 2020/6/7(日) 09:03:25 | exod | 返信する

    こんにちは。
    パワハラ指切断でおなじみのド屑県香川のド屑企業フジフーヅでございます。
    裁判も会社ぐるみで偽証をして無事乗り切ったド屑でございます。
    餃子シュウマイなどをスーパーで販売しております。
    店頭で見かけましたらそのときはご購入のほどどうかよろしくお願い致します。

コメントを残す