フランス革命について -フランス革命の構造-

閲覧数:1,908
投稿者:       投稿日時:2013/10/15 04:28      
評価数:1
評価 : 平均:2点 | 総合:2点
コメント数: 0       お気に入り登録数:2

LINEで送る
Pocket

フランス革命の構造について考えてみます

 

 

・フランス革命の構造について

 

 

 ・アメリカ独立革命に続いて、有力な絶対王政の国であったフランスで、

  旧制度(アンシャン=レジーム)をくつがえす革命が起きた

  ※アンシャン=レジームという言葉は、革命前のフランスの政治や社会の体制の

   総称として使われる

 

 

 

 ・革命以前の国民は、聖職者が第一身分、貴族が第二身分、平民が第三身分として区別された

  ※ただし、人口の9割以上は第三身分だった

  ※一方で、少数の第一身分と第二身分は、広い土地と全ての重要な官職を握り、

   免税などの特権を得ていた

   

 ・当時は、それぞれの身分のなかにも貧富の差があった

  →特に、第三身分では、第三身分の大部分を占める農民が領主への地代や税の負担のために

   苦しい生活を送っていた

  →一方で、商工業者などの有産市民層は、しだいに富を蓄えて実力を向上させていった

   ※そのため、商工業者はその実力にふさわしい待遇を受けないことに不満を感じていた

   ※さらに、産業革命下でのイギリスの商品が流入し、国内産業の発展が妨げられる

    という問題もあった

 

 ・第三身分の商工業者の間に、啓蒙思想が広まった

  ※1789年の初めには、シェイエスという人が「第三身分とはなにか」という小冊子で、

   第三身分の権利を主張した

 

 

  =フランス革命は、以上のような状況のもとで、王権に対する貴族の反抗をきっかけに始まった

   ※しかし、結果的には、有産市民層が旧制度を廃棄して、

    その政治的発言力を生み出すことになった

 

 

 

 ・農民や都市の民衆は、旧制度の廃棄に重要な役割を果たしたと言われている

  →農民や都市の民衆は、同時に有産市民層が推進した資本主義経済にも反対した

   ※当時、革命派の民衆は、富裕者の服装の半ズボン(キュロット)を

    持っていないという意味で、「サンキュロット」(半ズボンなし)と呼ばれた

 

 

  =フランス革命は以上のように、貴族、ブルジョワ(有産市民)、農民、都市民衆という

   四つの社会層による革命が絡み合って進んでいった

   →そのため、複雑な経過をたどることになった

 

 

ポイント

・フランス革命の時の構造についておさえる

 

このあたりが今回のポイントです

 

閲覧数:1,908
LINEで送る
Pocket


(1名の投票, 平均点: 2.00, 総合点:2 | 未評価)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/10/15 04:28

コメント数: 0
お気に入り登録数:2



コメントを残す