心理学の定義と歴史① -心理学の始まり-

閲覧数:1,496
投稿者:       投稿日時:2013/12/10 06:42      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:6

LINEで送る
Pocket

定義

・「心」に関する学問領域

・心理学の語源-ギリシャ語の魂(psyche)と理法(logos)

        =心理学(psychology)

 

 

歴史

〇スタート(心理学前史)

 ・19世紀後半に誕生

 ・背景・・ギリシャ時代から哲学、医学、生物学の影響を受けて成立している

  ※これらのことから、エビングハウスという人は、

   「心理学の過去は長いが、歴史は短い」という言葉を残している

 

実験心理学

 ・最初・・1879年-ヴントという人がライプチヒ大学で心理学を誕生させる

 ※ヴントについて

  ・ヴントの始めた心理学・・実験心理学

  ・影響・・フェヒナーの精神物理学やヘルムホルツの物理学的心理学の影響を受ける

  ・方法・・内観法(主観や哲学などを除いて、意識の部分を観察する方法)

 ※実験心理学の対象

  →外の刺激に対する「反応」を測定の対象とした

 

 

 

※心理学の流れ

 実験心理学 → 精神分析学 → ゲシュタルト心理学 → 行動主義心理学

 → 認知心理学 → 人間性心理学

 

参考資料・補足など

心理学の基礎的な部分のみ扱っています

閲覧数:1,496
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2013/12/10 06:42

コメント数: 0
お気に入り登録数:6



コメントを残す