日本の産業革命とその弊害としての社会問題をまとめてみた

閲覧数:1,758
投稿者:       投稿日時:2014/02/06 20:13      
(まだ評価されていません。)
コメント数: 0       お気に入り登録数:0

LINEで送る
Pocket

日本は、明治初年から、殖産興業を始めた

※同時に、日本銀行を設立して紙幣を発行させ、官営の事業を払い下げた

=民間の産業の育成を目指した

 

1880年代後半・・製糸業紡績業を中心に、民間の産業が急速に発展した

 

製糸業

→江戸時代の技術にフランスの技術を取り入れて、長野県などに工場を作った

※生糸の生産は1880年からの20年間で4倍に増え、アメリカなどに輸出した

 

紡績業

→イギリスの技術を取り入れて、上記による大規模な機械生産を始めた

日清戦争後には、綿糸は盛んに清や韓国に輸出された

 

=結果的に、1900年ころまでに、製糸業や紡績業(主に軽工業)を中心に、産業革命が達成された

産業革命の達成によって、資本主義が確立された

※ただし、鉄鋼業などの重工業は遅れていた

→日清戦争後は、鉄鋼の需要が高まり、政府は福岡県に官営の八幡製鉄所を作った

=そのため、日露戦争後に鉄鋼や造船などを中心に、重工業もだんだんと発達していった

 

※産業革命の時に、鉄道と海運が発達した

 

鉄道

→1872年:新橋―横浜間で初めて開通

=これを皮切りに、全国に鉄道網が広がっていった

※日露戦争後に、全国の主な鉄道は国有化された

 

海運

→外国航路がどんどん開設された

※貿易の発展に貢献

 

=鉄道と海運の発達は、以下のような効果をもたらした

・ヒトとモノが短時間で大量に輸送できるようになった

・経済が発展した

・人々の生活範囲が広がった

 

※産業革命は、一方で労働問題も引き起こした

=産業革命によって、労働時間が長く、給料が少ないという厳しい労働条件になっていった

→そこで、労働者が団結して、労働条件を改善しようとする運動が、片山潜などの指導で進められた

→そのため、労働組合の結成や労働争議が起きた

 

※労働問題に対して、政府は治安警察法を制定して、工場法を作った

・治安警察法・・人々を取り締まった

・工場法・・労働条件を改善するための法律

 

※一方で、幸徳秋水などは社会民主党を結成し、社会主義運動を始めた

→しかし、日露戦争後に明治天皇の暗殺を計画したとして、多くの社会主義者が政府にとらえられた

※加えて、大逆事件も起きた(幸徳秋水などが死刑になった)

=そのため、社会主義運動は厳しく弾圧された

 

※産業革命は、労働問題に加えて環境問題も引き起こした

=その代表が足尾銅山鉱毒事件だった

→渡良瀬川に鉱毒が流れ込み、流域の住民は被害を受けた

→そこで、田中正造が鉱毒防止と被害者救済の運動を進めた

 

閲覧数:1,758
LINEで送る
Pocket


(この記事はまだ評価されていません)
Loading ... Loading ...
投稿者:
投稿日時2014/02/06 20:13

コメント数: 0
お気に入り登録数:0



コメントを残す